ご質問やコメントはTwitterからお気軽にどうぞ >>

ノックエア(Nok Air)の搭乗レビュー。評判、おすすめ度は?

ノックエア
スポンサーリンク

ノックエア(Nok Air)は、タイのLCC(Low Cost Carrier)です。
鳥柄が描かれた機体がかわいい航空会社です。
鳥の絵には色々なバリエーションがあるので見ているだけで楽しくなります。

今回タイのリペ島に旅行するにあたり、バンコクのドンムアン空港からトラン空港までノックエアを利用しました。
実際に搭乗したレビューや感想を交えて、機内の様子やサービスなどを写真付きで詳しくご紹介します。

フライトの概略

出発空港バンコク ドンムアン国際空港 (DMK)
到着空港トラン空港 (TST)
フライト便名DD7406
出発時刻10:05
到着時刻11:30
フライト時間1時間25分
チケットタイプNok X-tra
受託手荷物重量20キロ

フライトチケットは、ノックエアの公式サイトから直接申し込みました。
タイのリペ島などへは、車とスピードボートの移動もセットでまとめて予約できるので便利です。

チケットタイプはNok Lite、Nok X-tra、Nok Maxの3種類あり、真ん中のNok X-traで予約しました。

スポンサーリンク

座席予約

座席予約は公式サイトでチケットを予約する時に、あわせて指定できます。
無料で座席選択可能です。

受託手荷物 / 機内持ち込み手荷物

チケットタイプがNok X-traであれば、受託手荷物として20キロまでの荷物を預けることができます。

飛行機内への持ち込み手荷物の重量は、7キロまでの制限があります。

とはいえ、持ち込み手荷物の重さをチェックされるようなことはありませんでした。

スポンサーリンク

機内サービス

ノックエアのミネラルウォーター

ノックエアはLCCなので、機内サービスは基本的に有料になります。

ですが、ノックエアではペットボトルのミネラルウォーターを1本無料で配ってくれます。
サイズがとても小さく、容量は少ないのですが、ありがたいサービスです。
飛行機が10時5分に出発してから、30分後の10時35分頃に早速配ってくれました。

有料のコーヒーなどを注文している人も結構たくさんいました。
機内サービスとしては次のようなものがあります。

ノックエアのドリンク

  • 30バーツ
    • ミネラルウォーター
  • 50バーツ
    • スプライト
    • コカ・コーラ
    • コカ・コーラゼロ
    • ミロ
    • コーヒー(インスタント)
    • 紅茶(ティーパック)
    • ミロ(インスタント)
  • 60バーツ
    • ホットチョコレート(パック)
    • エスプレッソ(パック)
    • アールグレイ(パック)
  • 100バーツ
    • シンハビール
スポンサーリンク

遅延や欠航は?

LCCは遅延や欠航が多いイメージがありますが、今回利用したノックエアではそのようなことはありませんでした。

正確にはトラン空港への到着が約5分遅れたのですが、誤差の範囲です。
到着予定時間が11時30分だったのですが、実際に到着したのは11時35分頃でした。

他の特徴は?

ノックエアの傘

トラン空港に到着すると、飛行機からは階段を下りて直接地上に出ます。

階段を下りた所で傘の貸し出しサービスをしています。
建物までの距離はそれほどありませんが、日傘として使うためのサービスです。

もちろん雨季の時期で雨が降っていれば雨傘としても使えます。

スポンサーリンク

ノックエア(Nok Air)のおすすめ度は?

ノックエアの顔

実際に搭乗してみましたが、ノックエアはおすすめの航空会社です。

先ほどご紹介しましたが、LCCで無料のミネラルウォーターを配ってくれるサービスは嬉しいです。

CAさんの対応も特に問題無く、気になる所はありませんでした。

タイ国内を移動するときは、ノックエアも選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました