ご質問やコメントはTwitterからお気軽にどうぞ >>

タイのリペ島への行き方・アクセス方法

ノックエア
スポンサーリンク

「タイ最後の楽園」「タイのモルディブ」と呼ばれることもあるタイのリペ島(Koh Lipe)。
そのリペ島に7泊8日の旅行をしました。
このページでは旅行した実体験も交えて、タイのリペ島への行き方・アクセス方法をご紹介します。

飛行機のフライトチケットや、スピードボート(高速船)がセットになっているジョイントチケットでの予約が、リペ島にアクセスする簡単な方法なのでおすすめです。
LCCのエアアジア(Air Asia)とノックエア(Nok Air)を利用する行き方や、ランカウイ島経由の行き方をお伝えします。

リペ島(Koh Lipe)の場所

タイのリペ島(Koh Lipe)は、タイ本土の西側アンダマン海に浮かぶ小さな島です。
タイの最南端に位置するリゾートの島です。

そのためタイの南側のマレーシアにも近く、マレーシアのランカウイ島経由でリペ島を訪れる行き方もあります。

タイ経由の行き方の場合も、ランカウイ経由の行き方の場合も、到着するのはリペ島の南側にあるパタヤビーチ(Pattaya Beach)である場合がほとんどです。

スポンサーリンク

バンコクからトラン(Trang)経由でのリペ島への行き方

バンコク経由でリペ島への行き方としては、ハートヤイ(ハジャイ、Hat Yai)経由が多いようですが、トラン(Trang)経由でアクセスする方法もあります。

リペ島までのおおよそのスケジュールは次の通りです。

  • 約1.5時間 : ドンムアン空港 – トラン空港【飛行機】
  • 約1.0時間 : トラン空港 – ハットヤオ港【車】
  • 約2.0時間 : ハットヤオ港 – リペ島【スピードボート】

バンコクからトランまでは、ドンムアン空港から出発します。

ノックエアであれば、無料で小さなミネラルウォーターを配られることがあります。

トラン空港

トラン空港はとても小さな空港なので、到着後も迷うことはありません。
ひとつしかない出口の近くに、移動する車(バン)を待っている人がたくさんいます。
その人たちと一緒に待ちましょう。

待っているとスタッフがチェックしにやってきます。
念のため、予約したときの予約番号や予約票を印刷して手元に持っておくか、スマホに保存しておくと安心です。

トラン空港からスピードボートが出発するハットヤオ港(Hat Yao Pier)までは、車で約1時間。
トイレ休憩など無いので、空港で済ませておきましょう。

交通量が少ない道を、スピードを出して進みます。

ハットヤオ港に到着してバンを降りると、スタッフからおおよその待ち時間を伝えられます。

ハットヤオ港には小さなレストランがあり、スピードボートの出発までの時間をそこで待ちます。
何も注文せずに席に座っていても、特に何も言われません。

トイレは2か所あります。レストランの裏の無人のトイレと、近くの建物の中にある、入口に人が座っているトイレ。
どちらも利用するためには、5バーツが必要です。

無人のトイレもお金を払わないと中に入れないような仕組みになっています。
スピードボートにはトイレは無いので、この港でトイレに行っておきましょう。

船酔いが心配な人は、出発前に酔い止め薬を飲んでおくことをおすすめします。

レストランにはちょっとしたお菓子などの食べ物も売っています。
また近くには小さなおみやげ物屋もあるので、出発までの時間潰しにのぞいてみてもよいかもしれません。

ハットヤオ港からは、リペ島だけでなく他の島に行く船もあります。スピードボートに乗れる準備ができると、レストランでスタッフが行き先の名前を大声で叫びます。
そのため、出発時間近くになったら、レストランの近くで待っていましょう。

ハットヤオ港

ハットヤオ港からリペ島までは、スピードボートで約2時間。
リペ島までに行く途中で、違う島で乗客を乗せたり降ろしたり、停まる場合もあります。

スピードボートは色々なタイプがあるようですが、乗客30名ほど乗せられる比較的小さなボート。
乗客の数によってボートを代えているのかもしれません。

スピードボートに乗る前は長く感じますが、乗ってしまえば、景色を眺めたり、スマホをいじったりしている間にリペ島に到着します。

スピードボートというと身構えてしまいますが、2時間の船旅だと思えば楽しいものです。

スピードボートではビーチ近くまで行けないため、海の中に建てられた乗り換え場所で一旦降ろされます。
そしてビーチ近くまで行けるボートに乗り換えます。

リペ島でボート乗換

この時に乗り換えるボートの料金50バーツと、リペ島に入る入島料200バーツの合計250バーツを払います。
リペ島にも両替できる場所はありますが、リペ島に入る前に現金が必要になるので注意しましょう。

乗り換えたボートは、海の上に浮かべられた通路の横に到着します。
昔はこの通路が無く、海の中に入って歩いて陸まで行く必要があったようです。今はこの通路のおかげで濡れる心配はありません。

ここからホテルまではバイクタクシーで移動します。
リペ島の多くのホテルでは送迎サービスがありますので、リペ島の行き方が決まったら、ホテルに連絡しておきましょう。リペ島に到着してから楽ですよ。

スポンサーリンク

バンコクからハートヤイ(ハジャイ、Hat Yai)経由でのリペ島への行き方

バンコク経由でリペ島への行き方としては、ハートヤイ(ハジャイ、Hat Yai)経由でアクセスする方法もあります。

リペ島までのおおよそのスケジュールは次の通りです。

  • 約1.5時間 : ドンムアン空港 – ハートヤイ国際空港(Hat Yai)【飛行機】
  • 約1.5時間 : ハートヤイ国際空港 – パクバラ港(Pakbara Pier)【車】
  • 約1.5時間 : パクバラ港 – リペ島【スピードボート】

ここではバンコクからリペ島への行き方ではなく、リペ島からバンコクまでの行き方をご紹介します。リペ島からの帰りの参考にしてください。

バンコクからリペ島までの行き方は、順番を逆に読んで頂くと、近いイメージになると思います。

リペ島からタイ本土に向かうスピードボートは、リペ島南側のパタヤビーチ(Pattaya beach)から出発することが多いです。

スーツケースなどの大きな荷物がある場合は、ホテルからバイクタクシーで移動します。

リペ島スピードボート受付

船乗り場にはテントが出され、エアアジアなどの旗も立っているので、歩いてきてもすぐにわかります。
また出発時間近くには、多くの人が待っています。

テントには会社別に受け付ける人がいます。
この時に予約番号が必要になります。
予約表を印刷しておくか、スマホにファイルを保存しておきましょう。

受け付けをすると、乗る順番が書かれた番号札とシールが渡されます。
シールは服のよく見える所に貼っておきます。

大きな荷物は指定の場所に置いておくと、スタッフが船に運んでくれます。

出発時間になると、スタッフが番号を大声で叫びます。
受け付けで渡された番号が呼ばれたら、スピードボートに乗船します。

リペ島からパクバラ港へのボート

海に浮かんだ通路を通ってボートまで行けるので、海に入る必要はありません。
席は指定されて無いので、好きな席に座ります。

乗客の数によってボートのタイプが変わるかもしれませんが、50人以上が乗れる大きなタイプのスピードボートです。
船体に沿ったシートと、中央に3人掛けのシートが並んでいます。

リペ島からパクバラ港までは、約1時間30分の船旅です。

目的地のパクバラ港は大きな港です。
スピードボートも何台も停泊しており、観光客でにぎわっています。
建物もしっかりしており、中にはコンビニやちょっとしたものを食べることができるエリアもあります。

スピードボートが到着したエリアから、車(バン)の乗り場は少し離れています。
到着した建物を出て左側に進むと、みやげ物屋が両側に並んだ通路があります。
突き当たりはバスロータリーになっています。

パクバラ港のエアアジアの受付

そのロータリーの先にエアアジアのショップがあり、そこで受け付けをします。
ここでも予約番号を聞かれます。
受け付けが済むと、乗る車(バン)を指定されるので、乗って出発を待ちます。

パクバラ港から目的地のハートヤイ国際空港までは、約1時間30分。

車のシートもしっかりしており、快適に移動できます。

トイレ休憩などは無いので、車に乗る前に、港のトイレを利用しておきましょう。

リペ島からハートヤイまでのバス

ハートヤイ国際空港に到着したら、あとは通常の飛行機に乗る手続きになります。

ハートヤイ空港からバンコクのドンムアン空港までは約1時間30分。
エアアジアは無料の機内サービスがありません。有料のサービスを申し込んでない場合は、食事は空港で済ませましょう。

またハートヤイにはプライオリティパス(Priority Pass)で入れる小さなラウンジがあります。
種類は少ないですが、料理もあります。ビールやワインなどのアルコールもあるので、ラウンジで過ごすのもおすすめです。

スポンサーリンク

クアラルンプールからランカウイ島経由でのリペ島への行き方

クアラルンプール経由でリペ島への行き方としては、ランカウイ島経由でアクセスする方法もあります。

ネットでもランカウイ島経由での行き方でリペ島に行っている人も多いようです。
乗り物に乗っている時間が短いのでこの行き方を選ぶようですが、注意点もあります。

  • 移動に必要な合計時間が長くなる
  • 入出国手続きが多くなる
  • タイとマレーシアの通貨に両替が必要
  • ジョイントチケットがないので自分で手配が必要

簡単に説明したいと思います。

まず1つ目の移動に必要な時間が長くなる、という点についてです。

ランカウイ島とリペ島は国境をまたいだ移動になります。
そのため飛行機と同様に、フェリーの出発時間より90分前までには船乗り場にいることを求められる場合があります。

そのためこの待ち時間を考慮すると、タイ経由よりランカウイ経由の行き方のほうが時間かかるケースもあります。

2つ目は当然のことですが、タイ経由であれば、入国手続き、出国手続きは1回ずつですみます。
しかしランカウイ島経由だとそれぞれ3回ずつの計6回必要になります。

手続きに時間がかかる場合もあるので、1つ目と同様に移動時間が長くなる原因にもなります。

3つ目も当たり前のことですが、マレーシアの通貨リンギットと、タイの通貨バーツの2つに両替しなければなりません。

リペ島に入る時には入島税をバーツで払わなければならないので、事前にバーツへの両替が必要です。

両替所は基本的に自国の通貨の両替しかしない場合もあります。
そのため、ランカウイ島経由の行き方の場合は、事前に少額でもバーツを準備しておくのがオススメです。

そして最後の4つ目、ランカウイ島経由でリペ島に行くジョイントチケットがないので、自分で乗り物のチケットを手配する必要があります。

ジョイントチケットは、飛行機、車、ボートの予約が1回の申込みで完結するツアーのようなもの。
それらの予約を別々に手配するため手間がかかります。

ランカウイ島経由の行き方をおすすめしないわけではありませんが、このような情報が少なかったので、リペ島への行き方を決める時の参考にしてください。

ランカウイ島のモニュメント

それではランカウイ島からリペ島までのおおよそのスケジュールを見てみましょう。

  • 約1.0時間: クアラルンプール国際空港 – ランカウイ国際空港【飛行機】
  • 約0.5時間: ランカウイ国際空港 – テラガハーバー or クアジェティ【車】
  • 約1.5時間: テラガハーバー or クアジェティ – リペ島【フェリー】

クアラルンプール国際空港からランカウイ国際空港までは、飛行機で1時間ちょっと。

ランカウイ国際空港に到着したら、フェリー乗り場までは、タクシーやグラブ(Grab)などの配車アプリを利用して車で移動します。

ランカウイ島からリペ島に行くフェリー乗り場は2か所あります。
1つは空港の西側にあるテラガ ハーバー(Telaga Harbour)。もうひとつは空港の東側にあるクア ジェティ(Kuah Jetty)です。

ランカウイ島国際空港

空港からテラガ ハーバーまでは車で約15分、空港からクア ジェティまでは車で約30分の場所に位置しています。
自分が乗るフェリーがどちらの港から出発するのか確認して移動しましょう。

フェリーに乗る前には、マレーシアからの出国手続きがあります。
時間に余裕を持って港に到着するようにしましょう。

ランカウイ島からリペ島まではフェリーで約1時間30分。
冷房が強いこともあるようなので、寒さ対策しておくと安心です。

リペ島には南側に位置するパタヤビーチに到着することが多いです。

宿泊するホテルが送迎してくれることもあります。ランカウイ島から乗るフェリーを決めたら、ホテルに確認してみましょう。

ここまでリペ島への行き方、アクセス方法を3つご紹介してきました。

リペ島に行く前は、移動時間の長さが心配だと思いますが、いざ行ってしまうとそれほど大変ではありません。

リペ島には小さな子供連れの家族もたくさんいます。
どの観光客もいずれかの行き方でリペ島に到着しているわけですから、あまり心配する必要はありませんよ。

それでは楽しいリペ島旅行を楽しんできてください。

タイトルとURLをコピーしました