ご質問やコメントはTwitterからお気軽にどうぞ >>

タイ リペ島の洗濯事情

リペ島洗濯受付
スポンサーリンク

タイのリペ島旅行には、荷物を少なくしたいので洋服をあまり持って行きたくない、とか
、のんびり過ごしたいのでホテルの部屋で洗濯したくない、とか思っていませんか。

リペ島には洗濯してくれるランドリーサービスがありますので、実際に利用した経験からリペ島の洗濯事情についてお伝えしたいと思います。

リペ島には洗濯を受け付けてくれるお店があります

バンコクなどタイの本土には洗濯を受け付けてくれるお店があります。

リペ島にも同じようなお店があり、洗濯をしてくれます。

日本のコインランドリーのように、洗濯機にお金を入れる方法ではなく、人に預けて洗ってもらうスタイルです。

洗濯を専門にしているお店ではありませんで、レストランなど他のお店を営業しているついでに、洗濯も受け付けている感じです。

リペ島は小さな島ですが、島を歩いているとランドリーの看板を表示しているお店をちらほら見かけす。

リペ島中心部のウォーキングストリート近くでなくてもありました。

今回の旅行ではグリーンホテルという所に泊まりましたが、歩いて数十秒の所に洗濯を受け付けてくれるお店がありましたので、そこに洗濯をお願いしました。

とはいえ、宿泊予定のホテル近くに無いかもしれませんし、わざわざ洗濯物を受け渡しに行くのは面倒だと思うかもしれません。

ですがリペ島は小さな島なので、ビーチ行く時や買い物のついでにランドリーを利用すれば良いと思います。

リペ島旅行では洗濯をしてくれるお店がありますので、利用する前提で旅行の準備をすれば荷物を減らせますし、旅行中に自分で洗濯する手間も省けますよ。

スポンサーリンク

洗濯代は1キロ60バーツ

リペ島パームイン

洗濯してくれるお店があることをお伝えしましたが、次に気になるのは洗濯代ですよね。

日本のクリーニングのように、服の種類で1枚1枚ごとに料金が決まる訳ではありません。
料金は洗濯物の重さで決まります。

洗濯代は、1キロ60バーツです。

リペ島ではランドリーサービスの看板があるお店を何件も見かけましたが、どこも1キロ60バーツでした。

洗濯物が0.5キロしかなければ30バーツですし、1.5キロあれば90バーツになります。

目の前で洗濯物を量りに乗せて重さを確認するので、多く支払わされる心配もありません。

洗濯物の中身は何でも大丈夫です。
Tシャツも靴下も下着も全部まとめて一緒に出して構いません。

受け付けするときに洗濯物のチェックも特にされません。

おそらくまとめて洗濯機で洗っているだけだと思いますので、逆に特別な洗い方が必要な服は出さない方が良いでしょう。

リペ島では、1キロ60バーツで何でも洗濯してくれるので、利用してみてはいかがでしょうか。

バーツのレートは下記で確認してみてください。
三菱UFJ銀行 外貨現金/トラベラーズチェック両替相場

スポンサーリンク

洗濯の仕上がりは翌日

洗濯の仕上がりは翌日中と考えておいた方が良いでしょう。

もしかしたら朝に洗濯物を出せばその日に仕上がるかもしれません。
しかし海外では何が起こるかわかりません。時間には余裕を持って依頼するのがおすすめです。

今回のリペ島旅行では、洗濯物を夕方に出したときに、翌日の午前10時に仕上がると言われました。

しかし翌日のお昼前に受け取りに行った所、まだ仕上がっておらず、1時間後に取りにくるよう言われます。

そして午後の1時頃に再び行ってみましたが、まだできておらず、スタッフがお店の裏に探しに行ってやっと出てきました。

もちろんたまたま仕上がってなかっただけかもしれませんし、お店によっても対応は違うかもしれません。

ですが、予定の時間に洗濯が仕上がっていない可能性もありますので、翌日中には仕上がってるだろうな、程度に考えて、洗濯物を出した方が良いと思います。

スポンサーリンク

レジ袋と洗濯袋の持参がおすすめ

リペ島洗濯仕上げ

リペ島でランドリーを利用するなら、日本からレジ袋と洗濯袋を持参することをおすすめします。

ランドリーで洗濯物を渡すとき、レジ袋があればそれに入れてそのまま渡すことができるので便利です。

また、仕上がった洗濯物は新しい袋に入れてくれますが、透明に近い袋です。
それを持って、そのまま通りを歩いてホテルまで戻るのは少し恥ずかしいかもしれません。
そのため洗濯袋や買い物のエコバッグがあると洗濯物を見られることがないので安心です。

今回リペ島で洗濯物を出した時は、日本でクリーニングを受け取る時に入れてくれる大きめのビニール袋を持参していたので、その袋に入れて出しました。
透明の袋だったので、ランドリーまではさらに大きめのエコバックに入れて行きました。

受け取るときは、ランドリーで洗濯物を畳んで入れてくれた袋を同じようにエコバッグに入れて持って帰りました。

普段エコバッグを使ってないから持ってない、という方もいるかもしれません。
そのような方は、これを機にエコバッグを買ってみてはいかがでしょうか。千円程度で買えますし、日本に戻ってからも買い物バッグとして使えますよ。

Amazon Amazonでエコバッグをチェックする

リペ島でランドリーサービスを利用しようと考えている方は、レジ袋と洗濯袋やエコバッグを持参すると便利なのでおすすめです。

それでもリペ島でランドリーサービスにお願いするのは不安という方は、旅行用の洗濯グッズも色々あるので探してみてはいかがでしょうか。

Amazon Amazonで旅行用の洗濯グッズをチェックする

タイトルとURLをコピーしました