コメントやお問合わせはこちらから。Twitterでも受付中 >>

タイ リペ島旅行記2日目: ノックエアのジョイントチケットでバンコクからトラン経由でリペ島に到着

ハットヤオ港からリペ島に行くスピードボート
スポンサーリンク

3月初めのタイ リペ島旅行7泊8日の2日目の旅行記です。

1日目の旅行記は下記からどうぞ。

タイ リペ島旅行記1日目: 成田からタイ国際航空でスワンナプーム国際空港に移動。ドンムアン空港直結のアマリエアポートホテルに宿泊
3月初めのタイ リペ島旅行7泊8日の1日目。リペ島には5泊し、その前後に乗り継ぎでバンコクに2泊しました。初日は成田空港からタイ国際航空でバンコクのスワンナプーム国際空港まで移動します。翌日にドンムアン空港から飛行機に乗るため、空港直結のアマリエアポートホテルに宿泊します。

今日はノックエア(Nok Air)のジョイントチケットで予約した方法でリペ島に移動します。

ジョイントチケットというのは、飛行機、空港から港までの車、港からのボートがセットになったチケットのことです。

まずはバンコクのドンムアン空港からトラン(Trang)空港に飛行機で移動します。
トランからはワゴン車でハットヤオ港(Hat Yao Pier)へ。
ハットヤオ港からリペ島まではスピードボートで海を渡ります。

しかしスピードボートが1時間半も遅れ、リペ島に到着したのは夕方5時半頃になってしまいました。

リペ島最初の夕食は、人気のレストラン、ニーパパイア(Nee Papaya)でいただきます。

ホテルはウォーキングストリートに近いリッチハウスリゾートに宿泊です。

旅行日程は下記のページにまとめました。
日本からタイに到着した日と、タイから日本に出発する日はバンコクに滞在しました。
その日以外はリペ島に滞在です。

タイ リペ島旅行の日程【リペ島7泊8日】
タイのリペ島7泊8日一週間の日程です。リペ島滞在前後にバンコクに1泊ずつしました。リペ島ではビーチやプールでのんびり過ごしたり、シュノーケリングツアーに参加したりしました。バンコクからリペ島までは、行きはノックエアー、帰りはエアアジアを利用しました。リペ島で泊まったホテルは、リッチハウスリゾート、グリーンホテル、アイデリックコンセプトリゾートです。

ドンムアン空港のプライオリティパスで利用可能なミラクルラウンジで朝食

ドンムアン空港ミラクルラウンジのお粥

08:00
ドンムアン空港に直結したアマリ ドンムアン エアポート バンコク ホテル(Amari Don Mueang Airport Bangkok)をチェックアウトします。

空港のラウンジで朝食を食べる予定のため、朝食無しのプランで宿泊しました。
部屋にあったインスタントコーヒーだけ頂きました。

チェックインする際に預けたデポジットの1,000バーツを、チェックアウトのときに返してもらいます。

08:15
チェックインカウンターに到着です。
空港直結のホテルに宿泊すると、当然移動が楽なので嬉しいです。

カウンターには結構人が並んでいて、5分以上並びました。

ドンムアン空港エアアジアのカウンター
08:25
出発エリアに向かう途中にエアアジアのカウンターがあったので立ち寄ります。

リペ島からの帰りはエアアジアを予約したのですが、座席指定したのになぜか並びの席になっておらず、変更してもらうためです。

座席を並びの席にしてほしい旨を伝えると、快く変更してくれました。

そして変更後の予約票を印刷してくれます。

ドンムアン空港両替所は同じレート
08:30
国内線ターミナルですが、両替所があります。

昨日日本から到着したときに、スワンナプーム空港で両替しましたが、足りないかもしれないと思い追加で両替します。

3つの銀行が並んでいるのですが、同じレートという貼り紙がしてあります。
旅行者としては競争原理を働かせてほしいものです。

08:45
セキュリティーチェックを通過し、ミラクルラウンジ(Miracle Lounge)に到着です。

プライオリティパスを持っているので、無料で利用できます。

ドンムアン空港には、プライオリティパスで利用できるラウンジがいくつかあります。
その中でもこのミラクルラウンジを選んだのは、国内線ターミナルでは唯一お酒が飲めるからです。

まだ朝ですが、せっかくなのでプライオリティパスを最大限活用します。

ミラクルラウンジの様子、食事やドリンクの内容については、次のページにまとめました。

【バンコク ドンムアン空港国内線第2ターミナル】お酒が飲めるプライオリティパスで入れるミラクルラウンジ(Miracle Lounge)
プライオリティパスで入れるタイ バンコクにあるドンムアン空港国内線ターミナルのラウンジはいくつかあります。しかしお酒が飲めるラウンジと、お酒を置いていないラウンジがあるので注意してください。アルコールを頂けるのはミラクルラウンジ(M...

料理の中では、Chicken Boiled Riceという鶏肉が入ったお粥がおいしかったのでおすすめです。

スポンサーリンク

ドンムアン空港からトラン空港までノックエア(Nok Air)で移動

ノックエア

09:35
ミラクルラウンジで50分ほど過ごし、搭乗ゲートに向かいます。

ゲートに向かう途中、ナラヤ(NaRaYa)があったので、ちょっと見学します。

09:50
飛行機に搭乗します。

10::05発のノックエア(Nok Air)のトラン(Trang)行きDD7406便です。

バンコクからリペ島までは、ジョイントチケットで予約しました。
予定では次のようなスケジュールです。

移動手段出発到着移動時間
飛行機10:05 ドンムアン空港11:30 トラン空港(Trang)15分
車(Coach)11:45 トラン12:30 ハットヤオ港 (Hat Yao Pier)30分
スピードボート(Hi-Speed Ferry)13:00 ハットヤオ港15:15 リペ島

ジョイントチケットで行くときの様子については下記のページでまとめました。

タイのリペ島への行き方・アクセス方法
「タイ最後の楽園」「タイのモルディブ」と呼ばれることもあるタイのリペ島(Koh Lipe)。そのリペ島に7泊8日の旅行をしました。このページでは旅行した実体験も交えて、タイのリペ島への行き方・アクセス方法をご紹介します。

ノックエアの飛行機内の様子やサービスは下記のリンクでご紹介しています。

ノックエア(Nok Air)の搭乗レビュー。評判、おすすめ度は?
ノックエア(Nok Air)は、タイのLCC(Low Cost Carrier)です。鳥柄が描かれた機体がかわいい航空会社です。鳥の絵には色々なバリエーションがあるので見ているだけで楽しくなります。今回タイのリペ島に旅行するにあたり...

飛行機で到着するトラン空港は小さな空港です。
荷物が出てくる回転レーンも小さなものが一つだけ。
トイレも狭い到着エリアの外にしかありません。

建物からの出口も1か所だけです。

スポンサーリンク

トラン空港からハットヤオ港(Hat Yao Pier)まで車で移動

トラン空港からハットヤオ港に向かうワゴン車

トラン空港からは車での移動なので、おそらく外で待つことになるのだろうなと思いつつ、念のため建物内にノックエアの小さなカウンターがあったので聞いてみます。
すると案の定外で待つよう言われます。

建物の出口の外には、同じように車を待っている人がたくさんいます。

すでにワゴン車が何台も止まっていて、係員が準備をしています。
乗客が車に近づけないように、ロープが張られています。

仕方ないので他の客と同じように待ちます。

11:55
予定から遅れること10分、ようやく準備ができたようで、係員が呼びにきます。

そして指定されたワゴン車に乗ります。

リペ島だけでなく、他の目的地に向かう車もあるようです。
後で調べたら、ランター島というクラビの方にある島に行く車もあるようです。

12:00
乗客が全員揃うのを待って出発です。

予定より15分遅れての出発となりました。

乗客は13人で満席です。
欧米系の人ばかりです。

空港から港までは45分の予定ですが、車のシートはしっかりしているので快適に過ごせます。

交通量が少ないせいか、結構スピード出して走ります。

12:45
空港から45分、ハットヤオ港(Hat Yao Pier)に到着です。

空港から港までの道は、ずっと舗装された道路なので揺れもほとんどありませんでした。

スポンサーリンク

ハットヤオ港(Hat Yao Pier)からリペ島までスピードボートで移動

タイのハットヤオ港

車から降りると、係員からボートに乗る前に、トイレに行ったり、食事を済ませたりするよう説明があります。

予定では15分後に出発なので、トイレに行き、港をぶらぶらと見学して過ごします。

トイレはレストランの後ろと港の建物の中の2か所にあります。
どちらも利用するのに5バーツかかります。

建物の中のトイレの前には人がいるので、そこで払います。
レストランの後ろのトイレは無人ですが、お金を入れないと中に入れないような仕組みになっています。

しばらくしても出発する雰囲気がないので、レストランの横にあるテーブルに座って待ちます。

待っている間に酔い止め薬を飲んでおきます。

レストランは結構賑わっていて、ビールを飲んでいる人もたくさんいます。
これからトイレのないボートに2時間近く乗らないといけないのに、トイレの心配はないのでしょうか。

13:05
レストランで待っている人達に係員が大声で何か言っています。
ボートが遅れているらしいです。よく聞きとれなかったのですが、30分か1時間30分遅れるようです。

すると、レストランでビールを飲んでいた人達が、追加でビールを注文し始めます。
他にやることがないとはいえ、勇気があります。

13:40
係員がやってきて、目的地の名前を叫びます。

全員がリペ島に行くのかと思ってましたが、港からの行き先も色々あるようです。
リペ島はまだとのこと。

13:50
やっとリペ島が呼ばれます。

レストランから船乗り場に歩いて行きます。
しかしスピードボートはまだ来てません。
結局乗り場近くで引き続き待ちます。

しばらくすると果物売りの女性が、待っている人達を相手に商売を始めます。
するとそこそこ買う人がいました。

ハットヤオ港からリペ島に行くスピードボート

14:20
スピードボートが到着し、やっと乗船です。

スーツケースなどの大きな荷物は後から係員が乗せてくれます。
スピードボートの前方にあるスペースに積み重ねられます。

するとスピードボートにも物売りの女性が乗り込んできて、水やコーラを売り始めます。
さすがにここで買う人はいないだろうと思っていたら、なんと3本も売れました。
ちなみにコーラは20バーツのようです。

14:30
なかなか出発しないと思っていたら、何人か乗客が乗り込んできます。
どうやらリペ島ではない島に行く人達のようです。ボートの遅れで一緒に乗せていくことになったのでしょう。

結局32人の乗客となり、座るスペースはいっぱいになりました。

そして当初の予定から遅れること1時間半、ようやくリペ島に向けて出発です。

14:50
出発して約20分、ムック島(Koh Mook)に到着です。

ここで最後に乗ってきた人達が降りていきます。

後で調べてわかったのですが、ムック島はリペ島とは違った方向に位置しています。
やはり急に立ち寄ることになったのでしょう。

その分リペ島への到着時間が遅くなってしまいます。
とはいえ、困ったときはお互い様なので、仕方ありません。

14:55
5分程でムック島を出発します。

リペ島までのボート内の子供

15:15
エンジントラブルのようで、スピードが遅くなります。

スピードボートに乗っていた係員2人がエンジンの所に行き、対応します。
運転手以外の係員は何のために乗ってるのだろうと思っていたのですが、こういう時に対応するための要員のようです。

5分ほど格闘していましたが、また元のスピードで進み始めます。

スピードボートに乗っている間はやることがないので、寝てる人が多いです。
近くにいる人の荷物に付いている飛行機のタグを見ると、カタール航空やトルコ航空もあります。
ヨーロッパ方面から長時間かけてここまで来たのであれば、疲れてても仕方ありません。

しかし隣に座っていた幼稚園児位の子供は元気で、到着までずっとスマホのゲームをしていました。
しかもソーラーパワーで発電する充電器で充電しながらゲームをしています。
子供がぐずらないために、準備万端で旅行に来たのでしょう。

16:15
ブロンレー島(Ko Bulon Le)に到着します。

降りる人もいましたが、子連れの家族も乗ってきました。

この島にはスピードボートが近づけないようで、小さな船からスピードボートに乗り移りました。

その家族の男性が言うには、スピードボートが遅れたせいで、その小さな船の上で3時間も待たされたそうです。

この時代に通信する手段はいくらでもありそうですが、小さな子供もいてかわいそうでした。

16:45
2回目のエンジントラブル発生です。

1回目は修復まで5分程かかっていましたが、今回はすぐに直ったようで安心します。

17:00
外を見ると大きな島が見えてきました。

Google Mapで調べてみると、アダン島(Koh Adan)のようです。
もう少しでリペ島に到着するはずです。
SIMカードを買っておいたおかげで、海の上でもスマホが使えて便利です。

リペ島

17:05
リペ島が見えてきました。

サンライズビーチの方向から近づいているようです。

17:15
小さなボートに乗るために海に建てられた乗り換え場に到着です。

スピードボートはリペ島のビーチ近くまで行けないため、小さなボートに乗り換える必要があるのです。

出発したときと同じように、大きな荷物は係員が運んでくれます。

そしてここでリペ島への入島料200バーツと、小さなボートの料金50バーツの合計250バーツを払います。

17:25
乗り換えた小さなボートが出発します。

5分もかからずビーチに到着です。
リペ島の南側のパタヤビーチです。

ハットヤオ港でスピードボートに乗ってから約3時間、やっとリペ島に到着です。
予定ではスピードボートでの移動時間は2時間15分だったので、45分もオーバーしての到着です。

おそらく予定になかった島に寄ったのが遅れの原因でしょう。

朝10時にバンコクで飛行機に乗ってからの時間を考えると7時間半もかかってしまいました。
当初の予定では、午後3時過ぎには到着するはずだったので、2時間以上遅れての到着になりました。

ビーチから延びている、海に浮んだ通路に小さなボートが停められます。
以前は海の中を歩く必要があったようですが、今は濡れずに陸に上がれます。

通路に上がると、男性が声をかけてきました。
タクシーの勧誘かと思い、無視していたのですが、なんと今日泊まるホテルにお願いしていた迎えの人だったのです。

港からの送迎を事前にお願いしていたのですが、スピードボートが遅れていることを連絡していなかったため、もしかしたらいないかもと思っていたので良かったです。

リペ島リッチハウスリゾートのバイクタクシー

17:30
バイクの横に荷台を付けたようなバイクタクシーに乗って、今日泊まるリッチハウスリゾートホテルに出発します。

ドアなどが無いためか、結構スピードが出ているように感じます。

17:35
パタヤビーチからバイクタクシーで5分、リッチハウスリゾートホテル(Ricci House Resort)に到着です。

レストランの近くにあるフロントでチェックインをします。
冷やしたグラスでウエルカムドリンクを出してくれます。長旅の後には嬉しいサービスです。

リッチハウスリゾートのお部屋の様子や設備については、別のページにまとめましたのでそちらでご覧ください。

リッチハウスリゾート (Ricci House Resort)
リペ島のリッチハウスリゾート (Ricci House Resort) の口コミと評判。実際にリッチハウスリゾートに泊まってみた感想ですが、リペ島のメイン通りであるウォーキングストリートの入口近くに位置する立地が良いホテルです。スタッフもフレンドリーで、安心して宿泊できるおすすめのホテルです。

リッチハウスリゾートの隣りには、セブンイレブンではないコンビニがあります。
チェックインしてすぐビールを買いに行きました。

チャーン(Chang)ビールは1本32バーツなのですが、2本買うと1本30バーツになり、お得に買えました。

ビールとあわせて虫除けスプレーを105バーツで買います。
虫除けスプレーは現地のものが効果があると聞いたことがあるので、海外旅行で必要なときは現地で買うようにしています。

18:45
夕食のためホテルを出発します。

旅行前は、ビーチ沿いにあるファミリーレストランというお店で、夕日を見ながらの食事を予定していました。

しかしスピードボートが遅れたため、すでに空が暗くなりはじめています。
そのため夕日はあきらめて、ウォーキングストリート沿いで探すことにします。

ぶらぶら探しながら歩いていると、ウォーキングストリートの海側の端まで来てしまいました。
陸側の端から来たので、ウォーキングストリートを渡りきったことになります。

入ってみようと思うレストランがなかったため、明日行こうと考えていたリッチハウスリゾート近くのレストランに行くことにします。
途中にあるスーパーの見学などしながら、来た道を引き返します。

リペ島のニーパパイヤレストラン

19:25
本日の夕食のレストラン、ニーパパイア(Nee Papaya in Koh Lipe)に到着です。

ほぼ満席の店内ですが、空いているテーブルに案内されます。

ニーパパイアレストランの料理や店内の様子については別のページでまとめましたので、レストラン選びの参考にしてください。

リペ島 ニーパパイアレストラン(Nee Papaya in Koh Lipe)
リペ島の中心であるウォーキングストリートの入口近くにあるレストラン、ニーパパイア(Nee Papaya in Koh Lipe)。タイ料理を中心としたメニューが揃います。 ニーパパイアはリペ島のメインストリート近くにあるため、どこのホテルに宿泊していても、アクセスしやすいレストランです。

21:10
約2時間弱、リペ島で最初の夕食を楽しみました。
お会計をしてニーパパイアレストランを後にします。

レストランの近くにあったセブンイレブンをのぞいてみます。
ビールの値段を確認しますが、リッチハウスリゾートの隣りにあるコンビニの方が安いです。

セブンイレブンを出て、ホテル横のコンビニでビールを買います。
4本で230バーツでした。

21:20
リッチハウスリゾートの部屋に到着です。

今日は移動の長旅でした。
買ってきたビールをのみつつ、リペ島旅行2日目が終了です。

次の日のリペ島旅行3日目はサンライズビーチを散策したり、夕日観賞をしたりのんびり過ごします。

タイトルとURLをコピーしました