シュエダゴンパゴダ

4月末から5月初めのGW(ゴールデンウィーク)に6泊7日のミャンマー1週間旅行をしたときの旅行記です。
ヤンゴンやバガン、ポッパ山などを観光しました。パゴダ(仏塔)に登るサンライズツアーやパゴダを巡る馬車ツアーも楽しみました。

ミャンマー旅行記ヤンゴン/バガン【まとめ】の目次

旅行日程は下記のページにまとめました。
日本からミャンマーに到着した日と、ミャンマーから日本に出発する日はヤンゴンに滞在しました。
その日以外はバガンに滞在です。

» ヤンゴン/バガン旅行の日程【ミャンマー6泊7日】


香港国際空港

成田空港9:15発のキャセイパシフィック航空で、香港経由でミャンマーに行きます。
朝7時前に成田空港に到着し、マクドナルドで朝ごはんを食べます。

ゴールデンウィークだけあって旅行客がたくさんいます。
セキュリティーチェックは長蛇の列。20分以上並びました。
ゴールデンウィークに海外旅行する場合は、時間に余裕を持った行動がおすすめです。

成田から香港までは約5時間。
映画を見たり、機内食を食べたりしていると、あっという間に到着です。
香港時間で午後1時頃でした。

香港国際空港からはキャセイドラゴン航空でミャンマーのヤンゴン国際空港に向かいます。
予定では乗り継ぎ時間は約1時間でしたが、30分ほど遅れているようです。
プライオリティパスで入れるラウンジでのんびり過ごします。

予定より50分遅れの午後3時過ぎに離陸。
香港からミャンマーまで約2時間のフライトです。
機内はほぼ満席。ミャンマーに行く人がこんなに多いのは意外でした。
映画のラインナップは香港までの飛行機と同じだったので、続きを見ます。
また機内食を食べたりして、ミャンマー時間の午後4時前にヤンゴン国際空港に到着。

空港内で両替とSIMカードを購入します。SIMカードは1GBで3,000チャット。
建物の外にあるタクシー乗り場に向かいます。
簡素なカウンターにいる係員にホテル名を伝えると、7,000チャットと言われます。
支払ってしまった後に、周囲を見渡すと別の場所にもタクシーを待っている人が並んでいる場所があることに気付きます。
おそらく正式なタクシー乗り場ではなかったようです。
後から考えると高めのタクシー料金だったので、少しぼったくられてしまったと思います。

空港から10分ほどでホテルに到着。すでに午後6時です。
今日のホテルはハイファイブホテル(High Five Hotel)です。
このホテルを選んだのは、空港近くで安かったからです。
というのも、明日は午前11時の飛行機でバガンに向かうので、観光をする時間もありません。
今日はトランジットの日と決めて、空港近くの安宿を選びました。

ホテルの近くにスーパーがあったので、ビールを買って部屋で飲んで、ミャンマー旅行の初日は終了です。

機内食や空港のラウンジで食事をして、おなかがいっぱいなので、夕食は食べませんでした。

ミャンマー旅行1日目の詳しい旅行記は、下記のページにまとめていますのでご覧ください。
» ミャンマー旅行記1日目: 成田から香港経由でヤンゴンまで移動。ヤンゴン空港近くのハイファイブホテルに宿泊


Gaw Daw Palin Phaya

8時頃にホテルをチェックアウトして、タクシーでニャウンウー空港に向かいます。
タクシー代込みの宿泊プランでしたので、無料でニャウンウー空港に到着です

ヤンゴン国際空港を午前11時発のAir KBZ航空で、ニャウンウー空港に行きます。

チェックインカウンターで荷物を預け、プライオリティパスで入れるラウンジに向かいます。
きれいなラウンジで、朝早いためか貸切状態で、朝食を頂きます。
出発時間近くまでラウンジで過ごした後、ゲートに向かいます。
LCCということで遅延や欠航が心配でしたが、Air KBZ航空は時間通りの11時ちょうどに出発です。
国内線ですが、サンドイッチとデザートの軽食やソフトドリンクが運ばれてきます。
しかしラウンジの食事でおなかが一杯なので、持ち帰ることにします。
予定通りニャウンウー空港に12時20分頃に到着です。

外に出る前に一人25,000チャットの入域料を払わなければなりません。
払って外に出ると、タクシー勧誘がすごいです。
ホテル名を伝えると、窓に張ってある料金表を指差し、7,000チャットとのこと。
空港から約20分で、今日から3泊するバガンタンデホテル(Bagan Tande Hotel)に到着です。
エーヤワディー川沿いに位置するホテルで、開放感があります。
チェックインした後は、飛行機でもらったサンドイッチなどを食べつつゆっくり過ごします。

その後、ホテル近くを観光することにします。
Eバイクをレンタルすることが多いようですが、歩いて観光することにします。
しかしこれが失敗でした。とにかく日差しが強く、暑いのです。
午後3時過ぎに出発しましたが、持っていた折り畳み傘を日傘の代わりにしながら観光します。
パゴダをいくつか見学しながら、2時間位歩きました。

夕方5時半頃にホテルに戻ったのですが、そこからプールでのんびり過ごします。

バガン最初の夕食は、ホテルのアカシア シェード レストラン(Acacia Shade Restaurant)という屋外のレストランで頂きます。
生演奏やマリオネットの舞台などを楽しみながら、ミャンマー旅行2日目が終了です。

ミャンマー旅行2日目の詳しい旅行記は、下記のページにまとめていますのでご覧ください。
» ミャンマー旅行記2日目: ヤンゴン空港のラウンジで朝食。Air KBZでニャウンウーへ。タクシーで宿泊先のバガンタンデホテルに移動


パゴダの上から日の出鑑賞

今日はサンライズツアーに参加するため、朝5時過ぎにホテルのロビーで待機します。
昨日歩いて観光したときに、ホテルの近くの馬車やEバイクをレンタルしているお店の男性に声をかけられ、サンライズツアーに行かないかと誘われたのです。
そのときは迷いましたが、結局お願いすることに。

しばらくすると、昨日の男性が馬車で迎えに来ました。
ホテルから15分ほどの名前もわからないパゴダに到着です。すでに他の観光客がパゴダの上に登って朝日を待っています。

空が明るくなってきましたが、残念ながら雲で朝日は見えません。
とはいえ、景色も良いので、しばらくパゴダの上で朝のミャンマーを眺めて過ごします。
ホテルに戻り、サンライズツアーに連れて行ってくれた男性にツアー料金を払います。8,000チャットでした。

ホテルのスタッフに地図をもらい、おすすめを教えてもらったパゴダを観光します。
シュエダゴンパゴダやアーナンダ寺院など有名な観光スポットや、ガイドブックにも載っていないようなパゴダも観光します。
色々と観光していると、いつの間にかお昼を過ぎていました。

ランチのカレー

タラバー門(Tharabha Gate)という城壁の門の近くに、現地の人でにぎわっている屋台をのぞいてみます。
店員に何を食べれるのか聞いてみたところ、鍋の中を見せてくれます。
何種類かのカレーです。
ポークカレーとマトンカレーを注文します。1皿2,000チャット。
ミャンマーのカレーというとオイリーなイメージがありましたが、まったくそのようなことはなく、おいしくいただけました。

その後もプーパヤーなどを観光して、ホテルに戻ります。
ホテルのプールでのんびり過ごした後は、今日もホテルの屋外レストラン、アカシア シェード レストラン(Acacia Shade Restaurant)でディナーを頂き、ミャンマー旅行3日目が終了です。


ポッパ山

ミャンマー旅行4日目はポッパ山(Mt. Popa)観光です。
ニャウンウー空港からホテルまで乗ったタクシー運転手の連絡先を教えてもらっていたので、昨夜メールで問い合わせをしました。
何度かやりとりをして、条件が折り合ったので、タクシーをチャーターしてポッパ山に観光に行くことにしました。

ホテルで朝食を食べてロビーで待っていると、予定通り9時頃タクシーの迎えが来ました。
途中、10分位のトイレ休憩をはさみ、約1時間半でポッパ山に到着です。

事前にネットで調べたところ、階段や通路が汚かったり、猿が危険といった話があったりしましたが、思っていたよりひどくはありませんでした。
ゆっくり登って15分程度で頂上に到着です。
景色を堪能したら、階段を降りていきます。
出口では、日本から持ってきていたウェットティッシュで足をよく拭いてから靴を履きます。

その後周辺をぶらぶらして、タクシーに乗り込みます。
運転手から、ランチはミャンマー料理と中華のどちらが良いか聞かれます。
ランチ代は含まれていませんが、レストランに立ち寄ることも事前にお願いしてありました。

ミャンマー料理と答えると、ニャンウーにあるクイーンレストラン(Queen Restaurant)というところに連れて行ってくれました。
伝統ミャンマー料理(Traditional Myanmar Food)という料理とビールを注文して、1人7,500チャットでした。
1時間ほどかけてランチを食べた後は、ホテルに戻ります。
朝9時に出発して、ホテルの到着が午後2時過ぎ。約5時間で30,000チャットはお手頃です。
明日はヤンゴンに戻るので、ニャウンウー空港までの移動もお願いしておきました。

馬車ツアー

ホテルで少し休んだ後は、馬車で観光することに。
今朝のサンライズツアーをお願いした場所に行くと、朝連れて行ってくれた男性がいました。
2時間のツアーで15,000チャット。

そしてこれが大正解!!

自分たちでEバイクをレンタルして観光していたら、絶対に行かなかったような場所をまわってくれました。
こだわりもあるようで、この角度から見るのがきれいだ、とかプロ意識を持っているようでした。
バガンを旅行するときは、ぜひ馬車のツアーで観光することをおすすめします。
2時間とちょっと馬車で観光して、ホテルに戻ります。

部屋からはエーヤワディー川が見えるのですが、川の対岸が見えなくなるほど急に土砂降りの雨が降ってきます。
スコールのようにすぐにやみましたが、馬車ツアーから戻ってきていてラッキーでした。

午後7時半頃に夕食に行こうと、ロビーにいるホテルスタッフにタクシーを呼んでもらうため声をかけます。
すると、おすすめのレストランを教えてくれたので、そちらに行くことに。
それからタクシーより安いトゥクトゥクを呼んでくれるというので、トゥクトゥクで行くことにします。

ゴールデンミャンマー1(Golden Myanmar-1)というレストランで、ホテルからトゥクトゥクで10分ほどの場所。
雨の影響かわかりませんが、広い店内にはお客さんは少なかったです。
カレーを注文します。5,000チャットです。

しかし残念だったのが、ホテルスタッフに確認したのに、ビールを置いていなかったこと。
ミネラルウォーターで我慢します。500チャット。
トゥクトゥクを運転していた女性も別のテーブルで食事をしていました。
夕食終えると、またその女性にトゥクトゥクでホテルに連れて行ってもらいます。
カレー2人分とミネラルウォーター2本、税金500チャットもあわせて11,000チャットのディナーでした。
ミャンマー旅行4日目が終了です。


シュエダゴンパゴダ

今日はバガンから飛行機でヤンゴンに移動します。
空港までのタクシーを朝9時にお願いしているので、朝7時に朝食を食べることにします。
昨日雨が降ったせいか、ホテルの朝食は屋内のプリンスレストラン(Prince Restaurant)。バガン最後だったので、外で食べたかったのに残念。

朝9時過ぎにタクシーでホテルを出発し、ニャウンウー空港には9時半前に到着。
昨日タクシーをお願いしたときに伝えていた7,000チャットを払います。

フライトは行きと同じAir KBZ。ほぼ予定通り10時25分に離陸します。
LCCで遅延や結構を心配していましたが、行きも帰りもスケジュール通りに飛んでくれてよかったです。
国内線ですが、軽めの食事が出てきたりして、1時間20分のフライトはあっという間です。

ヤンゴン国際空港からホテルまではタクシーで移動します。ここも交渉で10,000チャット。
空港からタクシーで約30分程度で、今日の滞在先のロフトホテルダウンタウンヤンゴン(The LOFT Hotel Downtown Yangon)に到着です。

チェックインの際にはおしぼりとウェルカムドリンクが出てきました。チェックイン前の時間ですが、部屋に通してくれました。
ホテルはきれいで、こじんまりとしたおしゃれなブティックホテルという感じです。

Aung Mingalar

時間はすでに午後2時近く。
ホテルから歩いて10分位の場所にあるレストランAung Mingalarに向かいます。
お店はお客さんも多く人気のレストランのようです。
ビールと鶏肉の餃子(Fried dumpling checken)、鶏肉のシャンヌードル(Shan noodle (soup) chicken)をいただきます。
税金500チャットも含めて、11,500チャットでした。
1時間ほどかけてランチを食べた後は、ボージョーアウンサンマーケット(Bogyoke Aung San Market)に向かいます。
レストランから歩いて10分位で到着です。

マーケットをぐるっと見学した後は、近くにあるスーパーワン(Super One)も見学。お土産になりそうなものを探します。
しかしこの時は何も買わずにホテルに戻ります。

ヤンゴンの観光スポットであるシュエダゴンパゴダは、夕方から夜にかけての観光がおすすめという情報があったので、タクシーで向かいます。
夕方5時半過ぎにシュエダゴンパゴダに到着です。
入場料は1人10,000チャット。
バガンで見学したパゴダとはまったく違って、金色に輝く立派なパゴダです。
空が暗くなり、ライトアップされたパゴダを見てから、タクシーで事前に調べておいたレストランに移動します。

向かったのはロータス(Lotus)というレストラン。おしゃれな雰囲気です。
Ngar Aso ChatとKyat Thar Kayan Chin Thee Chatという料理を注文します。
ビール2本と税金700チャットを含めて14,000チャットでした。

タクシーでホテルに戻ろうとしたのですが、2,000チャットで乗せてくれるタクシーが見つかりません。
ホテルの方向に歩きながらタクシーを捜していると、スーレーバゴダ(Sule Pagoda)まで着いてしまいました。
さらに歩きながらタクシーを捜していると、やっと2,000チャットで乗せてくれるタクシーが見つかります。
レストランを出発してから30分以上歩いてしまいました。少々高くても最初からタクシーに乗ればよかったです。
ホテルに到着したのは夜9時20分頃。近くのコンビニでビールを買って、ミャンマー旅行5日目が終了です。


パークロイヤルホテルのプール

今日はミャンマー旅行最終日。深夜1時の便で日本に帰国します。

フロントでレイトチェックアウトできるか聞いてみると、追加で60ドルと言われます。
しかしシャワーを浴びるだけだと、無料でOKとのこと。汗をかいても大丈夫とわかり安心です。
あわせて、朝食にモヒンガーを食べることができるレストランが近くにあるか聞いてみます。
するとホテルから徒歩10分もしない場所にある、Thu Kha Yeikというレストランを教えてくれたので行ってみる事に。

お客さんもたくさんいて人気のお店のようです。
モヒンガー2つと食後にTeaを1つ注文して、1,700チャット。激安です。

朝食の後は、昨日下見をしたボージョーアウンサンマーケット(Bogyoke Aung San Market)とスーパーワン(Super One)に行ってお土産を購入します。
ボージョーアウンサンマーケット(Bogyoke Aung San Market)にあるDaccoという雑貨屋でピアスを4つ購入して、63,000チャットの支払い。
スーパーワンでは3,100チャットのお弁当箱を購入しました。
街中では現地の人がお弁当箱を持っている人をよく見かけました。ミャンマーの思い出です。

ホテルに戻ってお昼近くにチェックアウト。ランチも朝と同じレストランThu Kha Yeikに行きます。
シャンヌードル(Shan Noodle)、Shwe Taung Noodleという麺料理を注文して、3,000チャット。
ランチも安くておいしかったので満足です。

今回宿泊したロフトホテルダウンタウンヤンゴン(The LOFT Hotel Downtown Yangon)にはプールがなかったのですが、無料で近くのホテルのプールを利用できるクーポンをもらえます。
チェックアウト後も利用できるということだったので、行ってみる事にします。

場所はパークロイヤルホテル(Park Loyal)です。
プールにはほとんど人がいなくて、のんびりできそうです。
雨が降ったり止んだりしていましたが、ビーチチェアで横になっていると寝てしまいました。

午後6時頃までプールでのんびりした後は、ミャンマー旅行最後の夕食に向かいます。
事前に調べていたシャンキッチンレストラン(Shan Kitchen Restaurant)というシャン料理のお店です。
ビールで乾杯した後は、サラダ(Pickled Tea Leaf Salada)やInnlay Hin Htoke、Nan Gyi Thokeという料理を注文します。
ビール3本と税金700チャット、サービス料金700チャットをあわせて15,400チャットでした。

ロフトホテルに戻り、シャワーを浴びさせてもらいます。
倉庫代わりに使っている部屋のようで、色々荷物などが置かれていましたが、シャワーを浴びるだけなので問題なしです。

シャワーを浴びたら、空港までタクシーで移動します。
ホテルからヤンゴン国際空港までは約30分。タクシー料金は10,000チャットでした。
チェックインカウンターは夜10時半頃にオープン。

ミャンマーのラウンジ

荷物を預けて身軽になって、プライオリティパスが使えるラウンジに向かいます。
ラウンジでお酒を飲んだりしてくつろいでいると、キャセイドラゴン航空のCAさんのような女性に声をかけられます。
出発時刻までまだ30分以上ありますが、搭乗を開始しているようで、乗客を呼びにきたようです。
急いでゲートに向かい、飛行機に乗り込みます。

離陸後しばらくすると機内食が出てきましたが、ラウンジでも食べたのでフルーツだけいただきます。
香港国際空港には予定より早く、香港時間の朝5時過ぎに到着です。

香港から日本までは10時発のキャセイパシフィック航空です。
まだ時間があるので、行きと同様にプライオリティパスで入れるラウンジで過ごします。
香港国際空港のラウンジは、いつも暑いことも多いのですがこの日は快適。
缶ビールもぬるいことが多いのですが、今日は冷えています。
まだ時間が早いですが、ビールを飲みながら朝食をいただきます。

9時過ぎまでラウンジで過ごし、ゲートに向かって飛行機に搭乗します。
席に座ると眠くなってきたので、寝てしまいます。1時間位寝て目を覚ますと、なんと飛行機はまだ動いていませんでした。
予定より1時間30分ほど遅れて離陸です。

このフライトは台湾経由で成田に向かいます。
香港を離陸して約1時間半で台北桃園国際空港に到着します。
成田まで行く人も、セキュリティ上の理由で一旦降ろされます。
降りて40分ほどしてから、また飛行機に搭乗します。
今度はすぐに離陸します。映画を見たり、機内食を食べたりしながら過ごします。

そして成田空港には予定より30分遅れで到着。
香港出発時の遅れを結構挽回してくれました。
日本はGWでしたが、ミャンマーでは日本人をほとんど見かけませんでした。旅行先によっては、日本人だらけの観光地もあるようですが、ミャンマーはそんなこともなく、GWの旅行先としてもおすすめです。


Wi-Fiスポンサー
エポスカード