ご質問やコメントはTwitterからお気軽にどうぞ >>

ミャンマー旅行記1日目: 成田から香港経由でヤンゴンまで移動。ヤンゴン空港近くのハイファイブホテルに宿泊

Cathay Pacific
スポンサーリンク

4月末から5月初めのGW(ゴールデンウィーク)のミャンマー旅行6泊7日の1日目。

成田空港からキャセイパシフィック航空でまずは香港国際空港へ。香港からはキャセイドラゴン航空に乗り換え、ヤンゴン国際空港まで移動します。

午前中に成田空港を出発するフライトですが、ヤンゴンに到着するのは夕方。そのためこの日はヤンゴン空港近くのホテルに宿泊します。

ミャンマー旅行GW6泊7日1週間旅行の日程

旅行日程は下記のページにまとめました。
日本からミャンマーに到着した日と、ミャンマーから日本に出発する日はヤンゴンに滞在しました。
その日以外はバガンに滞在です。

ヤンゴン/バガン旅行の日程【ミャンマー6泊7日】
ミャンマーのヤンゴン/バガン旅行6泊7日一週間旅行の日程です。バガンがメインの滞在地で、ヤンゴンには2泊しました。バガンで宿泊したのはエーヤワディー川沿いのバガンタンデホテル。パゴダに登って日の出を見るサンライズツアーや、パゴダを巡る馬車ツアーに参加しました。
スポンサーリンク

成田国際空港出発まではマクドナルドの朝食とプライオリティパスのラウンジ

成田空港のマクドナルド

06:55
成田空港第2ターミナル到着。
午前9:15発のキャセイパシフィック航空(CX509)に乗るため、2時間20分前に到着です。
早速チェックインカウンターで荷物を預けます。

07:20
マクドナルドで朝食にします。朝早いのに行列です。ソーセージマフィンを買います。100円を2つ。
テイクアウトして飛行機が見えるベンチで頂きます。

07:50
食べ終わった後はラウンジで過ごします。
朝からビールと柿ピーを頂きます。

08:15
ラウンジを出てセキュリティチェックに行くと、今まで見たことがないような長い列ができています。
25分ほど並びました。
GWに海外旅行する場合は、時間に余裕を持って早めの行動がおすすめです。
少し早めにラウンジを出てよかったです。

08:40
やっとセキュリティチェックの順番が回ってきました。
ところが係員に荷物の中を見せるように言われます。
なんと荷物の中にワインオープナーが入っています。
折りたたみ式の小さなものなので、入っていることに気付かなかったようです。
もちろん没収されます。
高価なものではありませんが少しショックです。
次からはしっかり手荷物の中身を確認しようと心に刻みました。

スポンサーリンク

成田空港から香港国際空港までのフライトはキャセイパシフィック航空

Cathay Pacific

09:15
飛行機に搭乗してから約15分。
時間通りに動き出します。
離陸前から映画を見ることができるので、早速チェックします。

09:40
25分ほど経って、ようやく離陸です。

10:40
離陸後1時間ほどで、早速機内食が運ばれてきます。
うどんかオムレツから選べました。
そして早速ハイネケンのビールを頂きます。

13:00 (ここから香港時間)
予定より少し早く香港国際空港に到着です。
香港からヤンゴンまでは14:20発のキャセイドラゴン航空(KA254)で移動です。
しかし搭乗案内を見ると予定より30分ほど遅れているようです。

スポンサーリンク

香港国際空港の乗り継ぎでプライオリティパスを使ってプラザプレミアムラウンジを利用

香港プラザプレミアムラウンジ

13:20
プライオリティパスを持っているのでプラザプレミアムラウンジ(Plaza Premium Lounge)に入ります。
先ほど機内食を食べましたが、ランチとして、食事とビールを頂きます。
プラザプレミアムラウンジは何度か利用していますが、ビールが冷えていないことが多いのが残念です。
冷たくなる時間がないほど多くの人が飲んでいるのかもしれません。

14:25
時々搭乗案内でこれから乗るフライトの状況をチェックながら過ごしていると、搭乗開始の表示になりましたのでラウンジを出ます。
ラウンジ内の搭乗案内は、表示の切り替えが遅く、自分のフライトがなかなか表示されないので、改善してもらいたいものです。

14:35
搭乗は509番ゲートです。少し離れたところにあるノースサテライトコンコースなので、バスで移動しなければなりません。
バスに乗ってから10分ほど待たされてから出発です。

14:45
さらにバスで約10分、これから搭乗するノースサテライトコンコースに到着です。
ノースサテライトコンコースにあるゲートから出発する場合、バスの時間に左右されるので、早めの移動がおすすめです。

スポンサーリンク

香港国際空港からヤンゴン国際空港までのフライトはキャセイドラゴン航空

キャセイドラゴン航空

15:10
香港国際空港からヤンゴン国際空港までのフライトはキャセイドラゴン航空(KA254)で移動です。
搭乗して20分後に動き出します。
当初の予定では14:20発だったので、結局50分遅れての出発です。
日本から香港までのフライトと同じキャセイ系列の飛行機のためか、映画のラインナップが同じでした。
キャセイドラゴンでも、離陸する前から映画を見ることができたので、途中まで見た映画の続きを見ます。
それから少し驚いたのは、エコノミー席は多分満席だということ。香港からミャンマーに向かう人がこれほどたくさんいるのは意外でした。

15:50
香港を出発して40分ほどしか経っていませんが、機内食が運ばれてきます。
香港のラウンジでも食事をしたのでおなかが一杯ですが、せっかくなので頂きます。
デザートにハーゲンダッツもありました。

17:10 (ここからミャンマー時間)
機内食を食べたり、映画を見ていたらあっという間にヤンゴン国際空港に着陸です。

17:30
ミャンマーの入国審査を終え、まずは両替をします。
日本円からミャンマーの通貨チャット(Kyat)への両替を受け付けてくれない場合もあるとの情報があったので、あらかじめUSドルを準備して持ってきました。
2回両替することになるので、手数料が2回発生するのがもったいないですが、仕方ありません。
ここでは200ドルを両替します。

ooredooのSIMカード

17:45
続けて両替したミャンマーの通貨でSIMカードを購入します。
いくつかSIMカードのショップがありますが、見比べた結果、ooredooというショップで購入します。
1GBで3,000チャットのSIMカードを購入します。
SIMカードでインターネットに接続するのは、グーグルマップを使う程度だと思うので1GBでも問題ありません。
スマホを渡すと店員さんが手際よくカードの挿入や設定をしてくれます。

旅行中に気付いたのですが、このプランは通話を受けることができるようですが、こちらから通話を発信することができません。
そのためSMSも送信できません。
電話としてもSIMカードを利用したい場合は店員さんにしっかり確認することをおすすめします。

スポンサーリンク

ヤンゴン国際空港から宿泊先のハイファイブホテルまではタクシー移動

タクシー乗り場

17:55
ヤンゴンに到着したのは夕方、バガンへは明日午前11:00発の飛行機を予定しているため、トランジット目的でヤンゴン国際空港近くのハイファイブホテル(High Five Hotel)に宿泊します。
ヤンゴン国際空港からハイファイブホテルまではタクシーで移動します。

タクシーに乗ろうと空港の建物の外に出ると、簡素なタクシーカウンターのような所に係員がいます。
今日滞在するホテル名を伝えると、7,000チャットと言われます。
相場がわからず支払いをした後、周囲を見渡すと少し離れた場所にタクシー待ちで並んでいる人がいることに気付きます。

ここはおそらく正式なタクシー乗り場ではなかったようです。
後から考えると高めのタクシー料金だったので、少しぼったくりにあってしまったと思います。

18:05
空港から10分もかからず、今日の滞在先であるハイファイブホテル(High Five Hotel)に到着です。

このときすでに18時。ヤンゴン市内に泊まって少し観光することも考えましたが、明日午前中にまた空港に来るので、この日は観光をあきらめて空港近くのホテルを選びました。
宿泊費が安かったのもトランジット目的の宿としては最適でした。

スポンサーリンク

ヤンゴンでは空港近くのハイファイブホテル(High Five Hotel)に宿泊

ハイファイブホテル

ハイファイブホテル(High Five Hotel)にチェックインします。

チェックイン手続きのときに、おしぼりとウェルカムドリンクのオレンジジュースを頂きます。
あわせて明日の空港までの送迎希望時間を聞かれます。
このホテルでは出発時の空港までの送迎が無料なのです。
明日のフライト時間は11時なので、朝9時でお願いします。

このホテルが安い理由のひとつなのですが、エレベーターがありません。
そのため部屋に行くためには階段を上る必要があります。
そして今回泊まったのは、最上階の5階の部屋だったので、ホテル料金も安くなっていました。
階段を上り下りしても問題ない方にはおすすめです。

しかし部屋は広く、トランジット目的のホテルとしては十分です。

ハイファイブホテルの部屋

ベッドの上ではタオルアートのゾウがお出迎えをしてくれます。

部屋が広いためか、クーラーをつけてもすぐに涼しくなりませんが、しばらくすると涼しくなったので安心しました。

ホテルの無料Wi-Fiは時間によって接続が悪いようで、この日は時間が遅くなるにつれて接続しやすくなりました。

スポンサーリンク

イオンオレンジ(AEON Orange)で買い物

イオンオレンジ

18:20
部屋で少し休憩してから、ホテル周辺のチェックに出かけます。
ハイファイブホテルは大通りから少し入った場所に位置するので、まずは大通りに向かって歩いていきます。

18:25
すると大通りを渡ったところにイオンオレンジ(AEON Orange)というスーパーがありました。
ホテルから徒歩5分程度の近さです。

しかし大変だったのは、大通りの交通量が多く、なかなか車が途切れることがありません。
近くに信号も無く、車が途切れるタイミングを待っていると、現地の人も道路を渡ろうとしていたので、同じタイミングで渡ることができました。

店内は普通の小さなスーパーといった感じでしたが、このときの買い物はビールのみ。
明日からのバガン滞在でビールが簡単に買えるのかわからなかったので、13本も買い込んでしまいました。
料金は12,400チャットでした。

19:05
周辺には特にチェックするような場所もなく、ハイファイブホテルに戻ってきます。
イオンオレンジから帰ってくるときも大通りを渡るのが大変でした。
夕食をどうしようか迷いましたが、機内食と空港のラウンジでの食事でおなかがすいていないので、パスすることにします。

そのためミャンマー旅行1日目は移動で終わってしまったような日でした。

明日2日目もヤンゴンからニャウンウーまで飛行機で移動し、そこからバガンにタクシーで移動します。

ミャンマー旅行記2日目: ヤンゴン空港のラウンジで朝食。Air KBZでニャウンウーへ。タクシーで宿泊先のバガンタンデホテルに移動
4月末から5月初めのGW(ゴールデンウィーク)のミャンマー旅行6泊7日の2日目。ヤンゴン空港ではプライオリティパスを使いラウンジで朝食。ヤンゴンからAir KBZでニャウンウーへ。ニャウンウー空港からはタクシーでバガンに移動。バガンタンデホテルに宿泊します。
タイトルとURLをコピーしました