フーコック島の両替事情【乗り継ぎ空港での換金がおすすめ】

通貨両替所


フーコック島に限らず、海外を訪問する際に気になるのが現地での両替事情ではありませんか?

1週間フーコック島に滞在しましたので、フーコック島で過ごすにあたり、現地通貨に両替するおすすめの方法をお伝えします。


フーコック島への乗り継ぎ空港で両替がおすすめ

結論としては、フーコック島への乗り継ぎ空港での両替がおすすめです。

理由は、フーコック島内のいわゆる両替所(Currency Exchange)や銀行で日本円を現地通貨に両替できる、という情報が少ないためです。

もしかしたら日本円から両替できる所があるかもしれません。

しかし両替できないリスクもあります。

フーコック島に到着してから、両替できずにあわてるのであれば、乗り継ぎ空港で両替しておくと安心です。

幸いにも、現在日本からフーコック島の直行便は飛んでいません。

そのためホーチミンやハノイ、あるいはベトナム以外の国を経由して、フーコック島を訪れることになります。

乗り継ぎは大きい空港であることが多いので、そのときに忘れずに両替しましょう。


両替を忘れてしまったら?

とはいえ、乗り継ぎ時間が短かくて時間がなかったり、すっかり両替のことを忘れてしまったりすることもあると思います。

そのような場合はどうしたらよいでしょうか。

ATMでキャッシングする

ATM

ATMでクレジットカードを使ってキャッシングをする方法があります。

キャッシングは怖いと感じる方がいるかもしれませんが、実は海外で両替するお得な換金方法とも言われています。

グーグルで検索できればお得という情報がでてきますので、調べておきましょう。

フーコック島にもATM自体はロングビーチやオンランビーチにもあります。

しかし数が多くありません。

そのため、まずはタクシーでATMに連れて行ってもらいましょう。

もしそのときにまったく現地通貨を持っていなければ、万が一キャッシングできなかったときのトラブルを避けるために、現金の持ち合わせがないことを正直に伝えてから連れて行ってもらいましょう。

銀行や両替所で両替する

現地通貨への換金というと、銀行や両替所が思い浮かぶ方も多いと思います。

しかし曜日や時間帯によっては、営業時間外の可能性もあります。

また、日本円を受け付けてくれるとも限りません。

ATMよりも数が少ないので、ホテルなど最終的に行きたい場所の近くにないかもしれません。

そのためクレジットカードを持っているのであれば、ATMのキャッシングがおすすめです。

ホテルで両替する

滞在先のホテルでも、両替してくれるかもしれません。

しかしホテルで両替というのは一般的にはレートが悪いです。

また、日本円から両替をしてくれない可能性もあります。ホテルで両替をすればよい、と考えるのはリスクがあります。

それからフーコック島に限りませんが、宿泊するホテル以外では、基本的に両替してもらえません。

もし近くの高級ホテルやチェーンホテルで両替してもらおうと思っているのであれば、両替してもらえないと考えて準備しておきましょう。

とはいえ、本当に現金がなかったら、まずタクシーでホテルに行って、ホテルのスタッフに状況を説明して、タクシーの運転手と対応を考えるという方法もありだと思います。

日本からドルを持っていく

旅行前に日本でドルを両替しておき、小額でもドルを持っていくと安心です。

ベトナム本土ではドルでの支払いができることもあるので、フーコック島でも受け付けてくれる可能性はあります。

しかし、ドルを持っていく目的は、支払いよりも現地通貨への換金です。

現地通貨に両替できるところでは、ドルを扱っているところがほとんどです。

そのため、小額でもドルを持っていれば、一時的に乗り切ることができます。

もしフーコック島旅行でドルを使わなかったとしても、次の旅行でも同じ目的で持っておけるので無駄にはなりませんよ。


ベトナムドンのレートは?

ベトナムドンのレート

ベトナムの通貨は、「ベトナムドン」と言います。

アルファベットの略語ではVNDと表します。

それではベトナムドンのレートはいくらでしょうか。

現在のレートは次のリンクから確認できます。

»ベトナムドン/円 | SBI証券

単位は100VNDの表示になりますので、100VND = 0.4~0.5円位のレートということになります。

現地ではざっくりと、1,000VND = 5円と覚えておくと便利です。

例えば、100,000VNDは500円になります。

為替レートなので日々変動しますが、10,000円 = 2,000,000VND位です。

このように、ベトナムドンは桁が多いです。

そのためベトナムに行くと、千の位を省略することが多くあります。

例えば、100,000VNDは「十万」ではなく「百」と呼ぶことがあるので、覚えておきましょう。

現地で「百ベトナムドン(=100,000VND)」と言われたら、日本円で500円位だな、と判断できるので楽ですよ。


簡単にお得なレートを判断する方法

海外の両替所でレートを確認すると、両替所によって違うレートが提示されることはたびたびあります。

そのときに、お得なレートがどちらなのか判断に迷うことはありませんか。

実は簡単にお得なレートを判断する方法があります。

それは、「数字が大きいほう」がお得なレートだということです。

例えば2つの両替所でレートを確認したときに、「1万円 = 2,000,000VND」と「1万円 = 2,010,000VND」と違うレートが提示されたとします。

この場合にお得なレートは後者の「1万円 = 2,010,000VND」です。

難しく考えることはありませんで、単純に同じ1万円を出して、たくさんもらえるほうがお得だとうことです。

上の例ですと、後者の方が10,000VND分多くもらえて、多く使えるということです。

両替所でいちいち計算しなくても、この考え方を覚えておけば、一瞬でお得なレートがどちらか判断できますよ。


乗り継ぎのホーチミン空港での両替方法

ターミナル前のベトジェットエア

フーコック島へは、ホーチミンのタンソンニャット国際空港で乗り継いで行く方も多いと思います。

そこでこの空港での両替方法をお伝えしておきます。

ポイントは、国際線ターミナルを出る前に両替することです。

ホーチミン空港は、国際線ターミナルと国内線ターミナルが別の建物です。

そして両替所があるのは国際線ターミナルだけです。国内線ターミナルにはありません。

イミグレーションの手続きを終えた後のエリアに、両替できるカウンターがいくつかありますので、建物の外に出る前に両替してしまいましょう。

国際線ターミナルの外に出ても、出入口にいる空港スタッフに事情を説明すれば、中に入れてくれることもあるようです。

しかしセキュリティ上、改めて中に戻ることはできないと考えておいたほうがよいでしょう。

国際線ターミナルでは両替所によって、レートが違うことがあります。

しかしレートを掲示していないところが多いので、いちいち両替所のスタッフに聞く必要があります。

少し面倒ですが、両替所をまわって確認し、レートの良いところで換金するのがおすすめです。

1万円で数十円程度の差すが、せっかくならお得なレートで換金したいですよね。わずかなレートの違いでもフーコックではビール1本飲めますよ。


フーコック島でクレジットカードを使える?

フーコック島でクレジットカードを使って支払いたいけど、使えるか心配な方もいるかもしれません。

クレジットカードを使えるのは、ホテルやスパなど比較的高額な料金を支払う場所だけ、と考えておきましょう。

また場所によっては、クレジットカード払いにすると、支払い料金の3%といった追加手数料を求められる場合もあります。

ホテルでは追加手数料を求められることは少ないと思いますが、ホテル以外で追加手数料を払いたくない場合は、十分な現金を持っていきましょう。

また、現地のレストランや小さなスーパーでは、クレジットカードを使えないところがほとんどであると考えておきましょう。

それから、フーコック島での基本的な移動手段であるタクシーでも、クレジットカードで支払いはできません。

フーコック島では配車アプリのグラブ(Grab)も利用できません。

ホーチミンやハノイなどベトナム本土でGrabを使ってカード決済してきた人は注意しましょう。

フーコック島でのタクシー料金は、食事などの現地の物価と比較すると割高です。

フーコック島では、まだクレジットカードを使えるところは少ないと思って準備しましょう。


まとめ: フーコック島は現金社会です

フーコック島まだ現金社会だと考えて準備するのがおすすめです。

しかし島全体がリゾート開発中ですので、旅行者が増えるにつれて、両替できる場所も増えてくるかもしれません。

クレジット決済できるお店も増えてくるかもしれません。

しかし現時点ではフーコック島に行く前に、ベトナムドンに両替しておくことをおすすめします。




フーコック島旅行おすすめ記事