フーコック島観光 - 旅行前に保存すべき記事

フーコックのビーチ

この記事を読んでいる方は、これからフーコック島旅行を考えていて、現在は日本からこの記事を読んでいると思います。

本記事では、フーコック島観光前に抑えておくべき情報をマルっとまとめました。必要最低限の部分だけまとめているので、ぜひ旅行前に読んでみて下さい。

さっそく見ていきましょう!


フーコック島の基礎情報

公用語 ベトナム語 英語は最低限通じます。How much? Where is xx?など。観光客として生活する分には問題なし。
人口 約10万人 島の面積は日本の淡路島と同じ位の広さ。淡路島の人口は約14万人なので、人口は少ない。
治安 悪くない 治安は悪くない印象。夜中に女性が一人で歩くのはおすすめしないが、基本的には安全。
気候 南国 乾季は11月から3月。雨季は4月から10月。平均気温は27度で日中は30度を超える。
時差 -2時間 日本との時差は-2時間。日本の12:00は、フーコック島の10:00。

その他、詳しい情報はWikipediaからどうぞ。印刷用PDFもありますので、移動中の飛行機とかで読んでおくのもおすすめです。
» フーコック島(Wikipedia)
» 印刷用PDF:フーコック島(Wikipedia)


写真で見るフーコック島観光

旅行中の写真をまとめました。書いてたら長くなったので記事を切り分けました。

写真で見るフーコック島観光【撮影した生のフーコック島】


フーコック島に必要なビザ

Eチケット

ベトナムは15日以内の観光であればビザは不要です。

6か月間以上の有効期間があるパスポートと、出国用の航空券を持っていることが条件です。

ベトナムに入国するときのイミグレーションで、帰国時のEチケットのコピーを見せられるように準備しておきましょう。

イミグレーションでなかなか通過できない観光客をよく見ました。

スムーズに通過するためにも、日本に帰る航空券の予約票などは手元に持っておきましょう。


フーコック島の定番観光地とおすすめ観光プラン

旅を終えた今だから分かるオススメスケジュールをご紹介します。

基本的には、ビーチやホテルのプールでのんびり過ごすのがおすすめです。

旅行日数次第ですが、それぞれのエリアで雰囲気は違ってきます。日帰りではなく、各ビーチでの滞在がおすすめです。


フーコック島のオススメの観光プラン

  • オンランビーチ (Ong Lang Beach) : 2日
  • ロングビーチ (Long Beach) : 2日
  • サオビーチ (Sao Beach) : 2日

オンランビーチ観光の詳細 : 2日

オンランビーチの夕日

島全体でリゾート開発を進めているフーコック島。

オンランビーチも例外ではありませんが、まだ素朴な雰囲気が残っているエリアです。

放し飼いされているニワトリや、牛の群れが道を歩いている姿も見ることができます。

無料で自転車を貸し出しているホテルもあるので、ビーチだけでなく、オンランエリアの探索もおすすめです。

もちろん、夕日鑑賞もできますよ。

ロングビーチ観光の詳細 : 2日

ナイトマーケット

フーコック島旅行で人気のロングビーチ。

ビーチに面して多くのホテルが並んでいますので、ホテルのビーチチェアで横になりながら、夕日鑑賞がおすすめです。

ナイトマーケットにも近いエリアです。ロングビーチ滞在中にナイトマーケットでおいしいシーフードを堪能しましょう。

長さ20kmもあるビーチなので、宿泊するホテルによって周りの雰囲気も違ってきます。

サオビーチ観光の詳細 : 2日

サオビーチ

サオビーチは、島の東側に位置しています。

西側に位置するオンランビーチやロングビーチとは違った海の表情を見ることができます。

また東側に位置するサオビーチは、比較的海が穏やかと言われています。

タクシーをチャーターして日帰りでサオビーチを訪れる人も多いようですが、ゆっくり過ごしたいなら近くのホテルでの宿泊がおすすめです。

サオビーチでは夕日は見れませんが、水平線から昇ってくる日の出を見ることができますよ。

フーコック島行きの格安航空券を購入する方法

結論として、おすすめはエクスペディア。航空券とホテルをセットで買うと安いです。

Skyscanner(格安航空券の検索サービス)で格安航空券を探しつつ、申し込みする際はExpediaからホテルをセットにして予約しましょう。

»【航空券+ホテル】海外旅行エクスペディア

フーコック島観光でおすすめのホテル

長くなるので分割しました。次のリンクにまとめています。

フーコック島のおすすめホテルまとめ5選【5つ星ホテルあり】

フーコック空港へ行く前に知っておくべき情報

こちらも長くなるので別途記事にします。

【ベトナムのフーコック空港】換金/タクシー/SIM購入について解説

フーコック島旅行おすすめ記事