コメントやお問合わせはこちらから。Twitterでも受付中 >>

プライオリティパスを利用してホーチミン空港のラウンジで朝食。JALで帰国【旅行記:8日目】

出発便
スポンサーリンク

7泊8日のフーコック島旅行の最終日8日目の旅行記です。

朝5時半の無料送迎車でイビスサイゴンエアポートホテルを出発します。

ホーチミンのタンソンニャット空港で、プライオリティパスを利用してラウンジで朝食を頂きます。

JAL(日本航空)で成田空港までのフライトで帰国です。

イビス サイゴン エアポート ホテル(Ibis Saigon Airport Hotel)から送迎車でホーチミン空港に移動

送迎車

05:20
フロントに行き、チェックアウトします。

寝過ごすことが心配でしたが、朝4時過ぎには起きることができました。

送迎車は5時半発ですので、ロビーのソファーに座って待つことにします。

ロビーには意外に多くの宿泊客がいます。

05:25
時間通りに出発です。

と思ったら、何故か道路に出たところで停まります。

フロントの方を見ると、チェックアウトしている人がいるので、もしかしたらその宿泊客を待っているのかもしれません。

05:35
予想通り、その宿泊客が乗ってきました。

5分ほど車内で待った後、出発です。

05:40
ホーチミンのタンソンニャット国際空港に到着です。

イビス サイゴン エアポート ホテル(Ibis Saigon Airport Hotel)からは5分もかかりませんでした。

昨日の夕方、空港からホテルの送迎では2倍の時間かかりましたので、ホーチミンの渋滞のすごさがわかります。

空港に入り、チェックインカウンターに並びます。
朝の6時前なのに、多くの人が並んでいます。

重量オーバー

06:00
行列に並んで約20分。やっと順番が回ってきました。

預けるスーツケースは2つあるのですが、ひとつは20キロを超えてしまっています。

2つで30キロ程度なので、昨日ジェットスターに預けたときのように、合計で重量は下回っているので大丈夫だろうと思っていました。

しかし、今日はしっかりと指摘されてしまいます。

カウンターの前でスーツケースを広げて、荷物の入れ替えをします。

ときどきチェックインのときにこういう人を見かけますが、まさか自分がそうすることになるとは思いませんでした。

行列に並んで待っている人に申し訳ない気持ちになります。

入れ替え終わった後も、20キロを少しオーバーしていましたが、見逃してくれました。

スポンサーリンク

ホーチミン空港のラウンジ: オーキッドラウンジで朝食のフォー

ラウンジの白ワイン

06:15
セキュリティーチェックやイミグレーションを通過し、オーキッドラウンジ(Orchid CIP Lounge)に入ります。

入口のカウンターでプライオリティパスを渡します。

しかし1枚のプライオリティパスがうまく読み取れないようです。1枚のカードで2人利用にするよう言われます。

仕方がないので、一旦それでラウンジに入ります。

テーブルに荷物を置いた後、もう一度カウンターに行って再度カードを渡します。

すると、今度は問題無く読み取れたようです。

プライオリティパスを持っていないと、3,000円近く支払う必要があるはずなので、カードを読み取れてよかったです。

ホーチミン空港ラウンジのフォー

ラウンジでフォーの朝食を頂きます。

ビールやワインもいただけますので、朝から白ワインを頂きます。
ビールは缶ビール、ワインはボトルから頂けます。

ベトナムのプラグ

ラウンジのテーブルには電源があります。

スマホであれば、ベトナム用のプラグが無くても充電できるので助かります。

07:40
JALの搭乗ゲートはラウンジの近くです。

ラウンジの窓からは、ターミナルと飛行機をつなぐボーディングブリッジが見えます。

次第にボーディングブリッジを歩く人影が多くなってきたので、ラウンジを出発します。

スポンサーリンク

ホーチミン空港から日本航空(JAL)で帰国

ホーチミン空港のゲート17

07:45
日本航空JAL0750便に搭乗します。8時発の予定なので、ラウンジでゆっくりしすぎたかもしれません。

08:00
予定通り飛行機が動き出します。

08:10
ホーチミン空港から離陸します。7泊のベトナム旅行も残りは日本に帰るだけになってしまいました。

JAL機内食のポーク料理

08:30
おしぼりが配られた後、ドリンクサービスです。

白ワインを頂きます。

その後、食事が運ばれてきて、ポークかチキンを選べるようです。

先ほどラウンジでフォーを食べたばかりですが、チキンにします。

チキンはワゴンに無いようなので、後で持ってくると言われます。

ドリンクの赤ワインだけ先に頂きます。

しばらくすると、CAさんがやってきてチキンはもう無いとのことで、ポーク料理を渡されます。

12:25
トイレ近くのスペースでストレッチをしていると、CAさんに「機内が狭くてすみません」と話しかけられます。

それから少し世間話をしますが、フーコック島に行ってきたと伝えると、フーコック島のことを知りませんでした。

国際線に搭乗しているようなCAさんでも知らないような場所だったのかと、改めて驚きます。

JAL飛行機

15:25(ここから日本時間)
成田空港に着陸です。

「搭乗ありがとうございました」というような機内アナウンスが流れます。
この便に乗っているお客さんは173人だったそうです。

15:35
時間通りに駐機場に到着です。

15:40
飛行機から降りようとしますが、席にカーディガンを忘れたことに気付き、戻ります。

このタイミングで気付いてよかったです。

16:10
税関を通過し、荷物を宅配便で送るため、JAL ABCのカウンターに行きます。

宅配料金が無料になるサービスが付いているクレジットカードを持っているので、大きなスーツケースを持って移動しなくてすむので、とても楽です。

電車の時間を調べると、30分以上待つので、到着ロビーでビールを飲んで過ごします。

16:47
成田空港第二ビルの駅から京成線のアクセス特急に乗って帰ります。

7泊8日のベトナムフーコック島の旅行もこれで終わりです。

リゾート開発中のフーコック島は、短い期間にどんどん様変わりしていくでしょう。

また「何もしない」をしたくなったときには、新しいフーコック島に行くことにしましょう。

フーコック島旅行を検討している方は、様変わりする前に、早めに旅行することをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました